新たなシッターさんとの出会い

img_5469

今日も午後にシッターさんを予約していました。

昨日の今日なので、自分の気持ち的に無理はしないと決めていたのですが、昨日とあまりに違ったので、今回も感じたことを書いてみます。

 

昨日の投稿を読んだら、やっぱりシッターサービスを利用するのはやめておこうと思われたかもしれませんね。

 

でも、今日のシッターさんを見ていて思い出しましたが、これまで利用していて、昨日のような不安な気持ちになったことはなく、毎回来ていただいてよかったな!と思っていたし、なかには、私の仕事がなくても、息子のために毎日来て欲しいと思うような素晴らしいシッターさんとの出会いもあったのです。

 

今日のシッターさんも、まさしくそんな方でした。

 

すごい!と思うのが、今日1日での息子の成長っぷり。

以前、定期で来てもらっていたシッターさんと過ごした後もそうでしたが、来てもらうたびに、明らかに成長しているのがわかります。

 

今日も、4時間ずーーーーーっと、絶えず話しかけてもらって、やりたい思いを全て受け止めてもらって、いろいろなチャレンジをさせてもらって、発した言葉には必ず反応があって、という時間を過ごした結果、帰る頃には、私とシッターさんが思わず「今、文章しゃべった?」と顔を見合わせるくらい、おしゃべりが上達していました。

(午前中の時点では、「ここ」「あや(私)」「パパ」くらいしか言えなかった)

 

保育のプロにつきっきりで遊んでもらうと、そのくらい、良い刺激になります。

またそういうシッターさんと出会えて、そうだったよね、シッターサービス素晴らしかったよね、と思い出してホッとしました。

 

この2日間のことを踏まえて、私が考える、ママの心の負担を下げるシッターサービスの利用方法!

  • まずは自宅にいられる時に、シッターさんに来てもらう。
  • ママがちゃんと見極めて、いいなと思ったシッターさんと信頼関係を築く。
  • 決まったシッターさんに依頼するようにする。

キッズラインの復職カフェに行った時に、教えていただいたアドバイスによると、信頼関係を築けているシッターさんが5人いると、急な病時保育などの時も、誰かはつかまるそうです。

(私は今日で2人目が見つかった!)

 

良いシッターさんと出会えたら、子どもの成長を共に見守ってくれて、困った時に頼りにできる大切な存在が増えることになります。

それはとても素敵なことだなぁと思うのです。

たくさんの人から、いろいろな形で愛情を注いでもらえたら、息子の人生の彩りも増えると思います。

 

保育園が始まってからは、ほとんどシッターサービスを利用していませんでしたが、またちょくちょく来てもらいたいなぁと思える、今日の経験でした。

 

Related Entry

IMG_2482

なぜパパに不満を感じるの?

IMG_1095

アンパンマンババロアの作り方

sukusuku

「貸して」→「いいよ」は間違っている

img_5597

ブラック軽聴していませんか?

img_6450

子ども部屋の断捨離を決行

sukusuku

子どものケンカはチャンス!