ママが幸せに起業するために…やってよかった3つのこと(3)

ママが幸せに起業するために
やっておいてよかったと思う3つのこと
シリーズ。

1つ目:いちばん大切にしたいものを決める
2つ目:やめることを決める

最後、3つ目です。

3つ目:自分の才能を受け取る

誰にでも才能はあります。

起業のいいところは、
才能を認識できると、
それを商品化できるところです。

自分には才能なんかない
と思いますか?

才能というと

音楽の才能とか
運動の才能とか

目立ってわかりやすいもののイメージが
ついちゃってるんですよね。

だから、才能を
特別なものだと思ってしまいがちです。

では、これを聞いたらどうですか?

才能とは
脳内回路レベルで一人一人違う
最強のシナプス結合である。

余計わからなくなりましたかね?笑

書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」
の中で、

 

才能とは、繰り返し表れる思考、感情、および行動パターンであり、
何かを生み出す力を持つ資質

と定義されています。

では、繰り返し表れる思考、感情、および行動パターンを
生み出しているものは何か?

すごく簡単にまとめると、こうです。

受精卵ができてから42日後、
最初の神経細胞ニューロンが作られます。

120日後には、ニューロンは
1000億個になります。

生まれる60日前、
ニューロン同士がコミュニケーションを取ろうとして、
繋がるとシナプスが形成されます。

3歳、1000億個のニューロンが互いに連結します。
1つのニューロンにつき1億5000個のシナプスが形成されます。

3歳〜15歳、回路の多くを無視するようになります。
使われなくなった回路は修復不能となり、壊れていきます。
16歳の誕生日には回路の半分が使われなくなります。

流れが良くて使いやすい回路が残り、
残った回路は、使用頻度がさらに高くなり
より一層強靭で高感度なものになります。

この残った回路の中で
最も抵抗の少ない最強のシナプス結合が
「才能」というわけです。

どうでしょう?

誰にでも才能はありますよね!

大人になってから、
どんなに訓練しても
新たな最強シナプス結合は
できないんですって!!

だから早いとこ、
自分の最強シナプス結合を見つけて
そのシナプスにじゃんじゃん
「活かしている」シグナルを流す方が
神経細胞レベルから愉しいのです。

「あなたの才能は何ですか?」

と言われても
ピンとこなかった方は

(私は就活の時、
全くピンとこなかったですw)

「あなたに繰り返し表れるパターンで
いつも必ずうまくいくものって何ですか?」

と質問してみてください。

そうして才能を受け取ったら
それを商品に変えること
考えてみましょう。

例えば私の場合、
「話を整理して視覚化する才能」を認識しています。

そこで、デザインを依頼していただく際に、
ただただビジョンや思いを話してもらいさえすれば
それを整理して、形にすることを
付加価値としました。

忙しい経営者の方は、
デザインの要望を言語化する時間がない
手間をかけたくないので
ただ話すだけで済むと喜ばれます。

そんな風に
デザインにプラスαで価値を加えていく
自分にしかできない
オリジナルのサービスになっていきます。

子育てをしながらだと
自由に使える時間がふんだんに
あるわけではないからこそ、
せっかくの最強シナプス結合を活かして、
愉しいと感じながら仕事できると
幸せです!

以上、シリーズでお届けした
ママが幸せに起業するために
やっておいてよかったと思う3つのこと
シリーズでした。

幸せに長く働ける方法を
どうしたらいいかな?と
自分の頭で考え続けて、
みんなで新しい働き方を
創っていけたらいいなと思います。

Related Entry

ママが幸せに起業するために…やってよかった3つのこと(2)

ママが幸せに起業するために…やってよかった3つのこと(1)

はじめに