メッセージ

平成から令和へ。新たなビジョンを描いてみる。

今日から元号が令和へと変わり、新しい時代の幕が開けました。

今日は、京都にある私の祖母の家で、4世代が集まり、賑やかに平和に、1日を過ごしました。

昨日の夜は、夫と「平成の時代で何が印象に残ってる?」と思い出話をたくさんしました。

自分の人生にインパクトを残した出来事トップ2は私も夫も同じでした。

1位は、やっぱり、2人の息子が生まれたこと。

2位は、夫と出会って結婚したこと。

そして、3位は、上京したこと。

(上京物語はコチラ

4位は、起業したこと。

5位は、大阪、東京それぞれで体験したふたつの大震災。

私の中で「上京したこと」は、単に東京へ住まいを移した意味合いだけでなく、そこから真に自分の人生を生きだしたスタート地点でもあります。

これまで自分が育ってきた環境や境遇を、一旦脇に置いて、私はどこでどんな風に生きていきたいのか?に向き合い、勇気を振り絞って、生まれた時から敷かれていた透明なレールを外れたような感覚。

(両親は私の人生で何か強制してきたことは全くないけれど、大阪にいた時は、なんとなく育ってきた環境の延長線上の未来を生きようとしていた。)

まっさらなところから、私はこんな風に生きていきたいと、26歳の時に思い描いたのは、こんな未来でした。

  • 自宅でWebの仕事をしたい
  • デザインに関わる仕事をしたい
  • 子どもが生まれたら、子どもに存分に向き合いたい
  • 結婚したら、夫の家に嫁ぐという意識ではなく、自立した新しい私たちなりの家庭を築きたい(そういう価値観の人と結婚したい)
  • 働く時間と家族の時間の長さや濃さを、自分でコントロールしたい
  • 家族がピンチの時には、時間的にも経済的にも、助けられる自分でいたい
  • いくつになっても、「夫が…」「子どもが…」ではなく、主語が「私」の人生を送りたい
  • 季節の行事を楽しみたい
  • 食に関して妥協したくない

平成の時代を振り返ってみて、この当時描いていた未来を、かなり実現できたんじゃないかな?と手応えを感じています。

だから、令和の時代の新たなビジョンを描いてみました。

  • たくさんの人の真の悩みを解決し、喜んでもらえる仕事をして、お金もいっぱい稼ぎたい
  • いつでもどこでも何度でも売上を作り出せる自分になりたい(誰にも奪われない富を築きたい)
  • 家族で非日常な楽しい体験をたくさんしたい(旅をしたい!)
  • 同じくらい、何気ない毎日の暮らしも楽しみたい
  • 子どもたちを、自己肯定感高く、自分の気持ちを、きちんと言葉で伝えられる人に育てたい
  • 家族みんなの健康を守るシンプルで豊かな食事を作りたい
  • ミニウェイストを目指したい(全然できてない…)

令和の時代、平和で幸せな時代でありますように。。。

無料メールマガジン 配信中

読みたくなくなったら、いつでも解除できます。
お気軽にご登録くださいね!

スマホで写真を撮りっぱなし・整理できない!ママへ

LP制作で失敗したくない方へ