「好きなことでしか生きていけない」という時代がやってくる

img_6237

西野亮廣さんの「魔法のコンパス」にこんな一節がありました。

好きでもない仕事は、これからさらにロボットが奪っていくんだから、
人間に残されたのは”とても仕事とは呼べない好きなこと”しかない

「好きなことで食っていけるほど人生は甘くない!」という時代から、
「好きなことで生きていく」を追い求める時代になり、
これからは「好きなことでしか生きていけない」という時代が間違いなくやってくる

 

私も、間違いなくやってくる!と思っています。

 

これからは、毎日9時〜17時まで、何の疑問も持たずに出勤し続けられる能力や、
言われたことをそつなくこなす能力を高めている場合ではない。

 

自分の言葉を持って、自分の好きなことを、
誰かに伝えていかないと仕事にならない。

 

ノウハウだけ真似ても意味がない。

 

自分の情熱の芯を見つけて、言語化して、発信して、
徐々に広がっていく私の世界を持たないと。

 

ノウハウだけ真似て、芯がないのに、見た目だけ大きくなっても、
そんなのは脆いなと思います。

 

ずっとは続けていけないし、
誰の心も動かせないのではないでしょうか?

 

そういう私も、会社員時代は、
心で何も感じないようにするのが
楽に働くコツだと思っていました。
(我ながらひどい・・・)

 

例えば、私は数年間、通勤で朝の銀座線に乗っていました。
それはそれはすごい満員電車ぐあいで、
毎日駅員さんがドア付近の人を全力で押し込んでやっとドアが閉まるような、
テレビでよく見る、通勤ラッシュのあの光景の中にいました。

 

そして、当時はそれを、そこまでストレスに感じないレベルの鈍感っぷりでした。
不快に感じていることを認めると、
何かしら現状を変える行動をとらないといけないですからね。
転職するとか、引っ越しするとか、超早朝出勤にするとか。

 

現状を変えたくないから、自分の不快に気づかないふりをして、
何年間も私は現状維持を続けたわけです。

 

育休というきっかけがなかったら、
今頃どうしていただろうなぁ。

 

一旦、離れたことで、
今まで甘んじて受け入れていたことを、改めて、

  • やりたいか?
  • やりたくないか?
  • どうやって仕事をしていきたいのか?

自分に問うことができたのは、
本当にありがたい機会でした。

 

それから、起業塾に行って、
自分以外のなにものかになって成功しても、
心の芯から幸せにはなれないと教わって、
言語化とアウトプットを繰り返し、
私の人生は、ずいぶんクリアになりました。

 

今ならまだ間に合います。
「好きなことでしか生きていけない」という時代がやってくる前に、
ぜひ一度自分の心に問うてみてください。
 
「本当に心からやりたいことは何?」
 

Related Entry

img_5539

人前で思いを発表するのが苦手な人ー!!

fukumen

平社員マインドからの変化を感じた瞬間

img_0792.jpg

あなたもAKB48になればいいのに

eyecatch_03

ブログを2か月で立ち上げることができた理由

img_6200

クリスマスパーティーするなら何担当がいい?

img_6452

スマホ依存かも!?あなたは”今、ここ”を感じてますか?