大小いろいろな写真を使った年賀状の作り方

img_6840

印刷を注文していた2017年の年賀状が、昨日届きました。

 

毎年、年賀状のデザインを考えるのは、楽しみのひとつです。

 

今年は、これ!という写真がなく、1枚に絞れなかったので、大小さまざまな写真を組み合わせて、写真いっぱいのデザインにしました。

 

写真をたくさん並べるには、ちょっとしたコツがあります。

今日は、その秘訣を書いてみたいと思います。

 

ポイントは黄金比。

 
 
黄金比

線分を a, b の長さで 2 つに分割するときに、a : b = b : (a + b) が成り立つように分割したときの比 a : b のことであり、最も美しい比とされる。

近似値は1:1.618、約5:8。

 

黄金比をもとにガイド線を引いていき、そこに写真を当てはめていくと、自然と良いバランスで並べることができます。

 

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b603

 

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b604

 

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b607

 

この各ブロックに写真を当てはめていきます。

今回はガールズドロップさんのフリー写真を使います。

 

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b606

 

動画にしてみました。

 

 

完成♡

 

sample

 

ブロックさえ分ければ、あとは好きな写真を当てはめていくだけなので、簡単です。

そのブロックも感性で決めるのではなく、数値が決まっていたら、迷うことはありません。

 

チラシでもWebでも応用できるので、使ってみてください。

Related Entry

NO IMAGE

私の絵の原点になっているのは何?

img_5643

テーマソングを決めて描く

facebook%e3%82%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%bd%a2

文字を見やすくするためだったら歴史だって改ざんする!