私の絵の原点になっているのは何?

これは、ライフミッションコーチ®協会のビジョンの絵です。

 

%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

「この絵のテイストがなぜ生まれたのか」

を深掘りしていて、気づいた&思い出したことがたくさんありました。

 

私は幼稚園の頃、絵の時間に描いた作品が、こども二科展で金賞を取ったことがありました。それも一度や二度ではなく、何度も。

 

当時の記憶はありませんが、展示された絵の前で撮っている写真がたくさん残っています。

 

でも、私は絵が得意だという感覚はほとんど持っていなかったように思います。

なぜなら、女の子を描くのがとっても苦手だったから。

 

小学校に上がって、まわりが少女漫画を読みだすと、その差はますます開いていきました。

私は、少女漫画の顔の見分けがつかなくて、「ちびまるこちゃん」しか読めなかったので(笑)、いわゆる漫画っぽいイラストが全く描けなかったんです。

 

中学、高校と進学しても、絵が得意だと思ったことは一度もありませんでした。

絵というと、「漫画」か「油絵」しか思い浮かばなかったので、描きたいと思ったこともありませんでした。

 

それが変わったのはなぜだったかな?と考えてみると、

絵本の絵と出会ったこと

だったと思います。

 

「ぐるんぱのようちえん」の堀内誠一さん

「私のワンピース」のにしまきかやこさん

「キャベツくん」の長新太さん

 

ぐるんぱのようちえん

ぐるんぱのようちえん

 

私のワンピース

私のワンピース

 

キャベツくん

キャベツくん

 

これらの絵に出会って、

こういう絵を描けるようになりたいと強烈に思ったのが、きっかけでした。

 

これらを見て

正しくないけど楽しい絵を描いていいんだ!

と思ったこと。

それが、のちの私に大きく影響を与えていると気がつきました。

 

絵本の絵は、子どもがその世界に入り込んで、遊んで、たわむれて、経験をつんで、元の世界へ返ってくるための手助けをするものです。

 

大人が絵を眺めるのとは違う次元で、子どもは空想の世界に入っていきます。

だから、空想の世界から現実に引き戻すようなものがあってはいけないのです。

 

正しくなくてもいい(写実性はなくてもいい)。

けれど、世界観を壊してはいけない。

 

そのような思いが原点となって、

私なりの制作ルールが出来上がっています。

 

正しい絵ではない。

でも、世界観を伝えるための美しさのルールはある。

 

私は、「世界観を壊さず伝えること」に

もともと並々ならぬ情熱があったのだった!!!!

 

ただ、当時の私は、子どももいなくて、

絵本を作ろうにも、伝えたいメッセージがなく、やめてしまっていました。

 

その後、Webの世界に入り、フォトショのスキルを高めてことで、

できることの幅が広がり、そして今また違った形で

「世界観を伝えるイメージを作る」

仕事ができているんだなぁと思うと、とても幸せだと思います。

 

これが、「自分の絵はどうやって描いているのか?」

という到底答えの出なさそうな問いを深掘りして、感じたことです。

Related Entry

img_6840

大小いろいろな写真を使った年賀状の作り方

facebook%e3%82%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%bd%a2

文字を見やすくするためだったら歴史だって改ざんする!

img_5643

テーマソングを決めて描く