子育て

ブラック軽聴していませんか?

昨日は、ライフミッションコーチ®協会の1Day講座に参加していました。

 

強みカードを使ったポラリスコーチングの講座の中で、
コーチングの基礎を教えてもらいました。

その中で、「傾聴」ならぬ「ブラック軽聴」をやってみる!

というワークがあったんですね。

 

一度目は、とある質問の答えを「傾聴」してもらう。

二度目は、同じ質問なんだけど「ブラック軽聴」してもらう。

 

すると、二度目は全然言葉が出てこないんです。

同じ質問だから、一度目より答えやすいはずなのに。

 

話は、聞いてもらえているから、話せるのだなと思いました。

話を聞いてくれる人がいるって、とってもありがたいのです。

 

ワークをした時は、

「うわーーーこんなのひどすぎる!!!!笑」

「絶対やらないわー!!」

という感じだったのですが、

 

いや、待てよ・・・・

私、これ普段家族にやってない・・・???

 

と思いました。

 

特に息子。

 

例えば、彼が遊んでいるそばで、洗濯物をたたむとか、家事をしている時、

おしゃべりができないながらも、

彼なりにコミュニケーションを取ろうとしているのを、

ブラック軽聴していなかっただろうか。

 

話せないからって、スマホ片手に見ていなかっただろうか。

 

思い当たりすぎて、

私こんなにひどい対応をしていたんだ!!

と衝撃的でした。

 

ワークの体験からすると、

ブラック軽聴を繰り返されていたら、

コミュニケーション取ろうとするのをやめるなーと

思いました。

 

おぉ怖い!!

 

もちろん、全身全霊で彼の言っていることを理解しようと

する時もあります。

 

今は「ここ」という一言のみを使って、
周りの大人を動かしている息子(笑)

 

人間って「ここ」しか話せなくても、
自分の気持ちを伝えて、
人を動かせるのだなーと感心しています。

 

でもそれは、相手も全力でわかろうとしてくれているから。

 

本能的ですばらしいコミュニケーションですよね。

 

とはいえ、いつでもそうできるわけではない。

疲れる時だってあるし、他の用事をしなければいけない時だってある。

なので、私は、今後そういう時は息子に伝えようと思います。

 

「今は疲れたからぼーっとするね」

「今は洗濯物たたんでるから、待ってね」

 

話せないからと言って、こちらの事情を伝えてなかったなーと思って。

どこまで理解できるかはわからないけど、
事情も伝えずにブラック軽聴されるより、

この方がずっといいはず!!

 

息子といる時は、スマホは置いて、

彼の存在をたくさん感じたいです。

匂いや手触りや存在そのものを。

(寝ている時は天使だから、できるけど、

起きているとねーついついそんな余裕をなくしがちな毎日です。)

 

11月に「お宝期間に種をまく!来年やりたいことを小さくスタートさせるお茶会」を開催します!!
11月になりましたら、日程などの詳細を発表しますので、気になる方は優先案内にご登録くださいねー。

 

優先案内に登録する