おでかけレポ

【4歳・1歳おでかけレポ】屋内型キッズ施設 アソボ〜ノ!

おとなもこども(4歳・1歳)も楽しめる都内の遊びスポットを探して、週末におでかけしています。

この記事は「アソボ〜ノ!にいってきた!」のレポートをお送りします。

アソボ〜ノ! 東京ドームシティ
おとなが楽しめる度:
こどもが楽しめる度:

ベビーカーの場合は水道橋駅の出口に注意!

水道橋駅 A4出口を出ると、目の前がアソボーノです。

が!!ここの出口は階段しかないので、ベビーカーで行く人は注意です。

エレベーターがあるのはA2出口。

少し遠回りになりますが、かなり長い階段だったので、A2出口から行くのをおすすめします。

アソボーノはおもちゃの洪水

メインのボールプール以外にも、各おもちゃエリアが充実しています。

トミカ・プラレールエリア、ブロックエリア、おままごとエリア、アンパンマンエリア、ドールハウスエリア、お買い物ごっこエリア、絵本エリア、ツリーハウスエリア、マグネットエリア・・・などなど

どのエリアもおもちゃが、度肝を抜かれる量でした。

アンパンマンレジスターがこんなにも大量!

 

トミカ・プラレールエリアに足を踏み入れた次男が、あまりの光景に呆然と立ち尽くしていたのが印象的でした!

子どもにとっては、夢みたいでしょうね。

しかし、個人的には各エリアの小部屋ですごく体力を奪われました。

天井が低くて圧迫感のある小部屋、蛍光灯のあかりで(←苦手)、目がチカチカするカラフルなプラスチックおもちゃが大量にあって、もちろん子どもと大人も大勢・・・

というこの環境が、ストレスフルだったのか、嫌な疲れ方でした。

途中、授乳室に入って喧騒から解放された時、とっても落ち着いたので、終始騒がしいのも疲れる原因かもしれません。

メインエリアとトミカ・プラレールエリアは天井が高くて、開放感があるので、そこで遊んでいるだけだったら、そこまで疲れないかも。

子どもを遊ばせるのに広さはデメリットになる

あと何が疲れるって、子どもから全く目を離せないこと。

施設が広く、小部屋もたくさんあって、全体を見渡せないので、どのエリアへ行くにも子どもにべったりついて行く必要があります。

土曜日のAMに行ったのですが、それなりに利用者も多く、目を離すと見失いそう。

子どももおとなも快適に遊ぶには、ある程度狭い方が快適だなと思いました。

先日行ったグロースリンクかちどきや近所の子育て支援センターくらいの規模がちょうど良いのかもしれません。

そんなにたくさんおもちゃがあっても、結局遊ぶものは限られていますし。。。

おとなの疲労度:
こどもの興奮度:

お昼ごはんはシズラーで食べました

サラダがたくさん食べられるので、私がシズラー大好きで、台場に行った時は必ずシズラーに行きます。

サラダバーの野菜やフルーツの種類が豊富なので、子どもたちに食べさせるものに困らないのも良いところ!

(外食した時に、お子様ランチを頼むと、ほぼ野菜がなくて、加工肉だらけなのであまり食べさせたくない)

前日にネット予約した時は、予約席は満席になっていたので、混雑しているかな?と心配しましたが、土曜日の12時台に行っても、全く並ばずに入れました。

東京ドームホテル内にあるので、混みにくいのかもしれないです。

シズラー 東京ドームホテル店 公式HP
https://sizzler.jp/shop/000842/

アソボーノのすぐ前にも、フードコートのようなものがありました。

アソボーノ周辺には、様々なアミューズメントがあるので、誘惑も多いです。

帰らせるのに苦労しました(笑)

さいごに・・・

暑さ問題などありますが、やっぱり子どもには自然の中で外遊びさせたいなと感じました。

自然と行っても、都内に住んでいるので、近場に大自然はないですが、せめて公園で土を触ったり、水遊びをさせたり、そういう遊ばせ方をしたいなと思います。

無料メールマガジン 配信中

読みたくなくなったら、いつでも解除できます。
お気軽にご登録くださいね!

スマホで写真を撮りっぱなし・整理できない!ママへ

LP制作で失敗したくない方へ