子育てtips

卒乳していない子がいても、ママは外泊できる?

先週、有馬温泉で1泊2日のビジネス合宿に参加しました。

この部屋でグループコンサルが行われました

この記事では、「卒乳していない子がいながら、一泊二日の合宿に参加できるのか?」のレポをお送りします。

有馬温泉での合宿がどれほど大切か・・・

有馬温泉に行った、一番の目的はこれでした。

来年の売上計画を立てて、現状のどこをテコ入れすれば良いか、プロのコンサルタントの視点をいただいて、決める。

子育て中で、仕事に使える時間が短いからこそ、数ある打ち手の中から、本当に有効な施策を選ぶことが大事です。

がむしゃらに大量行動!では、いずれ子育てにひずみが出てきます。

楽しく子育てしようと思ったら、体が元気で、心に余裕がある、これは最低限保ちたいところ。

つまり、来年も「仕事に没頭!育児に夢中!は両立可能」を実現するために必要な時間だったのです。

これって本当に大切で、

書籍『7つの習慣』に出てくる「時間管理のマトリックス」でいう

第二領域:緊急ではないが重要なこと

にお金と時間を投資している行為になります。

その大切さを、私が心底感じているから、周りの状況がどんなでも迷いがない!罪悪感もない!です。

長男に「ママ〜行かないで〜ずっと横にいてほしい〜」と言われても、かわいー♡とは思うけど、1mmも揺るぎません。

だってこの1泊のおかげで、来年もたーくさん長男と楽しい時間を過ごせるんだもの!!

そこを自分でしっかり決めているかどうか?はポイントになります。

(◯◯さんが行った方がいいよと言ったから、だと罪悪感も生まれるかもしれません)

次男が卒乳していない問題

半年前から行くことを決めていて、「行かない」選択肢はなかったのですが、実は次男が卒乳していないんですよね。

保育園にいる間は大丈夫ですが、家にいる時はその反動なのか、ずっと「あぱい!あぱい!」で、夜中も1〜2回は飲んでいます。

半年あるから、その間に飲まなくなるかなぁなんて考えていたのですが、全くその気配はなく、当日を迎えました。

夕食もゆっくり堪能できました

一晩私と離れるのはこれが初めて。

でも結果的には、卒乳していないことなんて、ほんとに微々たる問題でした。

その夜は、夫も寝られない覚悟をしてくれていましたが、何度か起きて泣いたものの、抱っこで少し歩いたら寝てくれたみたいで、様子を報告してくれた夫もさらっとしたものでした。

万が一、一晩中泣いて大変だったとしても、たった1日ですよ。

こちとら生まれてからずっと毎晩授乳しているんですから(笑)、一晩くらいパパにがんばっていただきましょう。

私の方は、搾乳器持ってこればよかった。。。。。と後悔しました。

(せっかく一晩誰にも起こされずに寝るチャンスだったのに、そのせいで寝られなかった)

朝食はバイキングでした

夫に応援してもらうためにやったこと

今回の一泊二日、夫の協力なしには実現しませんでした。

夫に快く引き受けてもらうためにやったことは何か?

私も夫に協力した!!!

です。

なんだ、なんのからくりもないやん!でしょ?

そうなんです(笑)

私たちは、今子育て真っ只中ですから、ふたりとも常に

「仕事したい!勉強したい!自分の時間が欲しい!!」

と思っています。

そうするためには、お互い譲り合って協力していくしかないんですよね。

保育園の力も、たまにシッターさんの力も借りていますが、それ以外はね!

なので、「こうしたいから、この時間は協力して欲しい!」ってお互いリクエストするようにしています。

夫はいつも気持ちよく引き受けてくれるから、私もなるべく気持ちよく引き受けられるように工夫しております。(ワンオペでも楽に過ごす方法を考えたり・・・)

子育て中だからできない、卒乳していないから行けない。

ではなくて、どうやったらできるだろう?と考えて、やってみると、実はさらりとやってのけられるかもしれませんよ。

充実した時間を過ごしたあとの、子どもたちとの再会&ハグは最高に幸せでした!!!

帰りに有馬温泉名物の炭酸せんべい食べました

 

 

無料メールマガジン 配信中

読みたくなくなったら、いつでも解除できます。
お気軽にご登録くださいね!

スマホで写真を撮りっぱなし・整理できない!ママへ

LP制作で失敗したくない方へ