アロマワークショップ

静寂の時間がもたらすもの

先日デザインを担当している日本アロマボディワーカー協会の代表理事 清水知佳さんのボディワークセッションを受けてきました。

アロマボディワーカー養成講座や実践会で、この半年は、何かとボディワークを受ける機会が多く、癒しの時間はたっぷり取ってきました。

ボディワークするのも癒される・・・

それでもやっぱり知佳さんの個人セッションを、がっつり受ける機会を持ちたくて、年末年始に募集されていた浄化と豊穣の特別ボディワークセッションを受けることにしました。

(ちなみに、年末が「浄化」で、年始が「豊穣」、2つセットのセッションなのです!楽しみすぎる〜!)

その日の私の状態はというと。

11月12月、常に納期に追われていて、走りっぱなし!

仕事以外の時間も、帰省の予定を決めて、飛行機のチケットを取って、年賀状を作って、カレンダーに、クリスマスプレゼントに・・・

と体は元気で走れるけれど、やることリストが常に頭の中をふわふわ舞っているような感じ。

今日は終わったあと、どういう状態になっていたいですか?と聞かれて、

「ふわふわ舞っているのを落ち着かせたい」

と答えていました。

と言っても、それほど明確に言語化できる状態でもなくて、なんとな〜くの感覚でそう答えていました。

ボディワークはたっぷり100分!

なるべく寝ないで、知佳さんのボディワークを感じようと思っていたけれど、昨日寝不足だったのもあり、撃沈。

日本アロマボディワーカー協会の清水知佳さん

終わったあとには、一晩ぐっすり眠ったかのように、すっきりと生まれ変わった気分でした。

そのあとに、知佳さんが伝えてくださったイメージが、あまりにしっくり自分の感覚に当てはまったので、それを共有したくて、この記事を書いております。

知佳さんが私の身体から感じ取って伝えてくれたのは、こんな内容でした。

 

水(陽)と泥(陰)があって、日々の慌ただしい動きの中で、普段はそれが混ざり合って濁った水になっている。

静寂の時間をきちんと持つことで、泥がゆっくり沈んでいって、上は澄み切った水になる。

澄んだ水は、光を反射して、プリズムを生む。

光は仕事。

私が澄んだ状態でいることで、仕事を依頼してくださる人たちが、自分では目に見えなかったものを、いろとりどりのプリズムとして見ることができる。

だから私にとって大切なのは、静寂の時間を持ち、澄んだ水を保つこと。

これを聞いた時、あぁこの2ヶ月私に足りなかったのは、「静寂の時間」だったなと思いました。

ふわふわ舞っているのを落ち着かせたい。

それは、まさしく水と土が混ざり合って混濁しているのを、静かに沈めたいということ。

知佳さんがあまりにクリアな映像として伝えてくださったので、言語化できていなかった感覚を、はっきりと自覚することができました。

そして、私は

太陽星座(陽):うお座=水
月星座(陰):やぎ座=土

なんですよね。

水と土。

さらに、ブログ名「ママたちのオアシス」や屋号「デザインオアシス」に使っている

「オアシス」

澄んだ水をイメージしていました。

ブログ立ち上げ当初のヘッダー

いろいろなことがシンクロしていて、ぴたりとハマっていきました。

私は仕事するのは大好き。

期待に応えようと走りすぎてしまうことも、ままあります。

しかも、4歳と1歳の男の子の子育て中。

はっきり言って、静寂とはほど遠い毎日です(笑)

毎日がカオス

それでも!

この半年アロマボディワークを通して、何度も実感していたのは、静かに内観できる時間を持ち、余白を作ること。

その時間をとることで、仕事の生産性も上がるし、質も上がる。

その時間がものすごく大切なんだ!!!といつも、人にも、自分にも、言っています。

どんな職種の人でも同じだと思います。

いい仕事をしようと思ったら、絶対に「静寂の時間」は必要です。

ボディワークを受けるのもあり。

アロマに触れる時間を持つのもあり。

アロマバスソルトを入れたお風呂につかるのもあり。

走り回って、混濁している人は、ゆっくりと泥が沈んでいくような「静寂の時間」を取ってみてくださいね。

\年末年始はおうちで特別なバスタイムを。/

18本の精油を嗅いで選べる!
あなたオリジナルのアロマバスソルト作り

日時:12/26(木)11:30-13:30
場所:東京都内
価格:3300円(税込)※材料代含む

詳しくはこちら

無料メールマガジン 配信中

読みたくなくなったら、いつでも解除できます。
お気軽にご登録くださいね!

スマホで写真を撮りっぱなし・整理できない!ママへ

LP制作で失敗したくない方へ