上京物語 〜家探し編〜

080

さて、一緒に上京することを決めた私たち。

 

(決断編はこちら

 

東京の物件探しを始めました。

 

23区の名前も知らない。

どの区がどんな雰囲気なのかも全く知らない。

 

そんな状態の私たちでしたが、

とりあえず

「2人暮らしは微妙だよね

という点は意見が一致していました。

 

なぜなら、26歳の私たちは、

近い将来「結婚したい」

という願望があったから。

 

想像してみてください。

どちらかの結婚が決まった時の、

もう一方のダメージを(笑)

 

1人になってしまううえに、

イチから家探しもしなければなりません。

 

そこで、私たちがとった策は、

大勢で住んでいる家に2人で入ること。

 

(実際、この策は大正解で、

親友は上京して半年も経たないうちに、

東京で出会った彼にプロポーズされて、

家を出ることになったのでした!笑)

 

当時、今ほどメジャーではなかったものの、

シェアハウスがチラホラ出てきていた頃でした。

 

とはいえ、今みたいにオシャレなシェアハウスは少なくて、

単なる共同生活のような、寮のようなところがほとんど。

 

3軒見学に行きましたが、

どれも住みたいとはとても思えない物件ばかりで、

打ちひしがれました。

リビングに冷蔵庫が雑多に3つくらいあったりね。

 

がっくりしすぎて、東京行きの希望まで打ち砕かれそうだったので、

気分を上げるために、私たちは、とあるお家を見に行くことにしました。

 

それはネットで見つけていた、古民家をリノベーションした、

ものすごく素敵なシェアハウス。

 

バウハウス01

こんなところ♡(画像は、不動産サイトからお借りしました)

 

何もかもが理想的だったのですが、空きがなく、

すぐに住むことはできない物件でした。

 

でも、見に行くだけ行ってみよう!と、

予定を変更して急遽訪問。

 

庭側から様子を伺おうとぐるっと裏に回ると、

住民のフランス人男性がテラスでパスタを食べていて、

私たちに気づくと、どうしたの?と声をかけてくれました。

 

ここに住みたいのだけれど、空きがなく、

ちらっと見学だけ来てみた旨を説明。

 

すると、あがっていきなよーパスタ食べる?と誘っていただき、

フランス仕込みの美味しいパスタをご馳走になりました。

 

098

 

食後、3人でテラスでお茶をのみながら、

スローで、かつ豊かな時間の流れに、

何としても絶対にここに住みたい

思いでいっぱいになっていました。

 

すると、フランス人の男性が、

自分たち(夫婦でシェアハウスに住まれていた)は1ヶ月後にこの家を出るから、

その部屋に住むといいよ、大家さんに連絡してみなよ、と教えてくれました。

 

 

 

なんとーーーー!!!

 

 

 

私たちは、速攻大家さんにメールを送りました。

 

すぐには返答がなかったので、帰りの新幹線は、

わずかばかりの縋るような希望と、

このまま家が決まらなかったらどうしようという絶望感とで、

精神的に疲れ果てながら、大阪へ帰ったのでした。

 

翌日。

 

大家さんから連絡があり、

改めて内見をさせてもらえることになりました。

 

一週間後、今度は希望に燃えて、再び東京に行きました。

で、その場で契約成立!

 

115

鍵もかわいかった・・・

 

一番の心配だった家問題が、

奇跡のように理想的な形に落ち着き、

私たちの東京生活は俄然希望に満ちてくるのでした。

 

つづく

Related Entry

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上京物語 〜決断編〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上京物語 〜職探し編〜